search

■"Expressed Opt-in"とは、

読者がそのメルマガを読みたいという意思表示を自らの手で行うメルマガ
登録のやり方。例として、□ メルマガを登録する・・(チェックを事前に入
れられていないで、読者自身がチェックを入れる。)

■"Implied Opt-in"とは、


メルマガの提供側が、事前にメルマガに登録をするというチェックを入れて
いる。間接的に読者の了解を取りやすくしている方法。メルマガを登録する
上で読者側のアクションが伴わない。同意しない場合にのみ、チェックを外
すアクションを取る。

日本では、二つの方法を良しとしている。

"Expressed Opt-in"は、"Double Opt-in"方式と同等。
"Implied Opt-in"は、事前オプトアウト方式と同等。

読者の視点から話すと"Implied Opt-in"形式のメルマガ登録は、読者側に
誤解を招きやすいリスクを発生させる。

■その理由は、

読者の意思にかまわずメルマガが登録されるので見忘れ、見落としなどで気
が付かない場合が発生するからだ。発行者側は、儲けものと思うのだが結果
的にはマイナスになる場合が多い。

メルマガを登録したという意識がない人にメルマガが届いてしまう読者の気
持ちに立ってみればよい。決して良い気分はしない。それが名の知れた企業
から発行されるメルマガであればあるほどその企業のイメージが悪くなる。

このポイントが、頭では分かるのだけれど読者数を増やしたいと言う欲求が
強いため、事前オプトアウト方式を選択する企業が多い。確かに、事前オプト
アウト方式での登録は、本人の意思を尊重する方式よりも読者数を増やす。

短期的で表面的な効果は感じられるが、読者は感情を持った人間である点を
考慮していない。感情を持つ人間は、機械ではないのでこちらの思った通り
には行かない。それがリスクである。

■読者が納得の行く方式での登録を最初から提供するのが望ましい。


Back to top